スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推奨馬

今日は、距離短縮してきた3頭の馬を狙ってみたい。


東京11R 京王杯2歳S

スパラート

初戦は、逃げ切り勝ち。

2戦目は、最後方からの競馬。

極端な競馬が多い吉田騎手とはあっている感。

前走は、なかなかメンバーの揃った1戦で、

大外から直線一気は、圧巻の内容。

サクラバクシンオー産駒は、距離短縮してきたら買い時。

大外は不利だが、もまれずに競馬ができるのでプラスに考えたい。


京都10R

エリモハルカ

一長一短のメンバーで、混戦。

ここ2戦(1400)、やや距離が長かった印象。

札幌での強い勝ちっぷりから、距離短縮で間違いなく好材料。

こちらも大外は残念だが、

配当妙味があるので複勝中心に狙ってみたい。


福島12R

ヒカルダイヤモンド

ここ数戦、2、3着続きだが、相手が悪かっただけ。

このクラスでは、力が1つ抜けている。

1200は初めてとなるが、

1400でも楽についていける先行力があるので問題なし。

にほんブログ村 競馬ブログへ







スポンサーサイト

アルゼンチン共和国杯

毎年、荒れるアルゼンチン共和国杯。

荒れる要因の1つとして、前週に天皇賞があるため

1流馬の参戦がほとんどないこと。

そのため、中途半端な実績馬が人気となり、

人気を裏切るケースが多い。

OP勝ち程度の馬が人気なら、

条件馬でも十分チャンスのあるレースだ。



では、今年の面子はどうか。

今年の1番人気は、アルナスライン。

本来なら、京都大賞典→JCのローテの予定も、

前走まさかの敗戦。

賞金を加算するため、やむなくこのレースに参戦してきた。

重賞勝ちこそないものの、

菊花賞2着、目黒記念2着と、実績は申し分ない。

ここ2走、凡走しているが、

ともに負けた敗因(道悪、道中の不利)がはっきりしており、

悲観する内容ではない。

トビが大きく、不器用なタイプだけに東京コースは大歓迎。

JC出走に向けて、ここは負けられない。

◎アルナスライン
△トウショウシロッコ
△ジャガーメイル
△ダンスアジョイ

ここ3走、末脚がしっかりしてきたトウショウシロッコ。

東京巧者のジャガーメイル。

昨年より斤量が恵まれたダンスアジョイなど相手として押さえたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ


武蔵野S

◎サンライズバッカス
△ユビキタス
△キクノサリーレ
△トーセンブライト
△アドマイヤスバル

◎サンライズバッカス

近走、3着続きで、全盛期に比べて衰えを感じるが、

レース内容はそんなに悪くない。

得意の東京コースとベストな距離の1600で見直してみたい。

単勝というより、連、3着向き。

△ユビキタス

圧倒的な人気で完敗した前走。

また、今回も断然の1番人気。

今回、どれだけ良化しているかがポイント。

ユニコーンSぐらい走れば、圧勝もあるが、

状態が前走のままだと、正直掲示板も怪しい。

人気ほど、信頼は置けない。

△キクノサリーレ

目下3連勝中の上がり馬。

前走の時計も優秀で、ここでも引けをとらない。

ただ、タイプ的に東京向きではない。

にほんブログ村 競馬ブログへ



天皇賞

◎ウオッカ
△ダイワスカーレット
△ディープスカイ
△ドリームジャーニー

人気馬3頭どれを本命にするか迷ったが、

東京コース、得意なウオッカを本命とした。

昨年までムラのある競馬が続いていたが、

東京コースに限れば凡走はない。

元々、切れるタイプというよりも長くいい脚タイプ。

ここのところ、好位で競馬でできている点も心強い。

やや不安点もあるが、この馬の能力にかけてみたい。

3強以外は、ここのところ充実著しいドリームジャーニーを加えたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ


昇級馬

馬券検討の際、昇級馬の取捨に悩んだことはないだろうか。

なんせ、横の比較(対戦成績)がないために、能力の優劣をつけにくい。

今回のディープスカイも、横の比較ができないため、予想を難しくしている。


500万、1000万、1600万クラス、

それぞれ昇級馬の初戦の成績を調べてみたところ、

こんなデータが出た。

(集計期間2008年1月5日~10月26日)


新馬、未勝利→500万 888レース中、86頭勝利。

500万→1000万 356レース中、59頭勝利。

1000万→1600万 118レース中、28頭勝利


データから分かったことは、

・クラスが上がるにつれて、勝ち上がり率が高くなっている。

・回収率、勝率、連対率は、現級馬も昇級馬もさほど違いはない。

・1000万、1600万クラスでは、

距離が延びるにつれて、昇級馬の健闘が目立つ。



まず、データを取って思ったのが、勝ち上がり率が低いこと。

500万クラスでは、10頭に1頭しか昇級初戦で勝ちあがっていない。

狙い馬以外は、基本的に昇級馬は見送るべきだろう。。

1600万クラスでは、そうクラスの壁はない。

配当次第では、積極的に昇級馬を狙っていきたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。